わんだい高原農場

岩手県八幡平市田の沢

具体的な事業計画

1. オーナー制度を企画し、できるだけ広く募集して、わんだいの景観のファンクラブを作るとともに、わんだい農場のサポーターを募り、幾度となく訪れて頂くようにしよう。
①ブルーベリー苗木オーナー制度 ③山ぶどう苗木オーナー制度
②そばのオーナー制度 ④しいたけ等きのこのオーナー制度
2. 地域の特産品等とれたて安全安心なものを自然便として、宅配事業を展開しよう。
①ブルーベリー天然目薬便 ③新そば出前便
②季節の野菜おまかせ便 ④山の恵みジャムじゃむ便
⑤分水嶺舞茸におまけ便
3. 山林原野等地域内に自生もしくは、栽培されている苗木を生産しよう。
ブルーベリー、ぶなの木、ならの木、やまぼうしの木、さるなしの木、くろもじの木、 木いちごの木、あけび、がまずみの木、ツルウメモドキ等
4. 地域の特産品等を加工しよう。
山ぶどう、さるなし、木いちご、桑の実、あけび、ガマズミ、スグリ等のジャム
5. 地域の資源(自然・景観・農業・伝統芸能・人材等)を活かしたイベントの開催や、都市との交流事業を推進するために、体験プログラム等受け皿の整備をしよう。

 

スマートフォン版
わんだい高原農場

QRコード

バーコードリーダーが搭載されていない場合は、あらかじめAppStoreやGoogle Play(Androidマーケット)などでバーコードリーダー機能を持っているアプリをインストールしてください。